グッズへの執着。先々へのリスクが、屑物住宅を仕立てる

私の事態、行く先への憂慮が、くず住宅を作ってしまっていらっしゃる。
先々、ニーズかもしれない、扱うかもしれない。そんな不安で、捨てられない。
でも現下、現に、食材ボックスを整理したら、歯ブラシがでてきた。
お湯船用の歯ブラシにした。よかったよかった。
こんな風に、お得になることもあるから、なんでも見ないで断ち切るのは不満。
ぜんぶ、有効活用したい。
食材だって、食べられるものを投げ捨てるのは不満。
どんなにそれが、パッケージがベタベタしていたって、仕組は食べられるものだから、捨てられない。
二度とパッケージも開いてしまって、何がどこにあるのかわからなくても、捨てられない。
それが、行く先への憂慮。
だから、憂慮を省くために、雑貨と向き合わないといけない。それが断捨離やドキドキ撤去。
なかなか厳しいけれど、私の事態、台所からスタートしたら、うまくいった。
なぜか食材BOXから、ラインスタンプのカードまで出てきた。自分が腹立つ。
敢然と管理してない自分に。ミュゼ 背中脱毛