ランチは、目下パスタにはまり内側だ。

私の最近のLunchの穴場は、パスタだ。モールで、幅で簡単に茹でられるパスタ器物を買ってからという手法、結構簡単で美味いので、最近では、Lunchが、概ねパスタだ。茹でたてのパスタは、正に美味いだ。今は、レトルトのパスタ根幹も充実していてはたして助かります。あたしが最近一番気に入ってるのは、ナポリタンソースだ。本格的なトマトの甘味でファミレスなみにおいしいだ。次に余裕なのは、さいきんみつけた、あえるたいぷのもので、バジルソースだ。出だし、緑色でちょこっと反発ありましたが、食べると、あっさりしていて、疲れてるときにもまるまる食べられておすすめです。以外には、たらこ根幹や明太子、カルボナーラもだい余裕だ。パスタを食べると、食事空気もあるし、レタスなど添えておしゃれに食べられて昼めし空気があり、極めて幸せな気分になります。パスタを茹でられる器物のおかげで始末もらくで、しばし正午は、パスタが続きそうです。http://www.fndg.co/aiful/aiful-hensai.html

年末年始・大晦日などは気持ちを新たにして進む季節

師走の大晦日は、108つの鐘を聴きながら煩悩をはらう時期というのが日本の大晦日、鐘の音は静粛で神聖に聴こえるものです。
一年ずつは生活してみて長いと感じるし、365日をすごせば心の内に溜まったものもあるので、歳月をすごして行くにはよい節目。

元々大晦日は、長い歳月をすごしていく人間の智慧から生まれた習慣であると聞いたことがありました。
年末年始は大掃除もあるし、お正月の用意としては食料品の買い物など忙しいですが、節目としてこの時期があるので、新たな一年を進むという気持ちになれるというもの。

ようやく大晦日という感じで年越し、新年の初日から三が日を通過し一歩ずつすごして行けるかなという気分、これも一年というカレンダーがあるから。
土曜日の松の内明けになれば新たな一年の最初も落着く頃、普段通りとか日常生活らしくなるのもこの時期です。

季節行事としては一月中旬等にお正月らしいものもありますが、気分は平常心、やはりこの構え方で行くのが一月の時期でもよいのだと思う。http://www.quietcorners.info/