宇宙のひろがりについてと経歴について探究

宇宙になどについて授業しました。宇宙の総質量は、太陽の質量の約2000億ダブルだ。太陽のエリアは、銀河ポイントで主流から約3万光年中心は、いて座の方位だ。赤経は、17季節42分け前4秒だ。赤緯は、−28°55’だ。プレアデス星団の輝きは、今から410ご時世さっき(コロンブスの現代)に放たれた輝きだ。地球が太陽の近辺を回っていることは、現代のわたしたちにとっては当たり前のことです。しかし、かねてから人間は宇宙の中心に地球があって、地球の近辺を太陽や月収などのすべての天体が回っていると信じていました。そういう着想を天動説といいます。天動説を確立したのは2世紀頃まで大きく信じられていました。地球が動いているということは、それだけ日常の生活からは気付き難いものなのです。火星の動きを観察していると、折々反比例の道順に働くのがわかります。そういう動きを天動説で品評しようとすると、相当複雑な見本を考えなければならなかったそうです。大いに勉強になりました。エピレ予約